東京臨海高速鉄道りんかい線70-000形70-070F

東京臨海高速鉄道臨海副都心線(→りんかい線)の開業に合わせ、JR東日本209系をベースに製造された70-000形。開業当初は4連でしたが、大崎までの全通時に増備された編成は当初から10連で導入されました。現在、りんかい線と直通先である埼京線でその姿が見られます。

余談ですが、70-000形は運番が80・90代の運用に充当されています(代走により205・E233系7000番台の運用に充当される場合も稀にある、その逆もあり)。


池袋まで通っていた高校時代、行き帰りによく乗車していた管理人にとっては思い出深い車両…当然ながら欲しくなったのですが、前回製品を買い逃したので探していたところに再度発売の発表があり、もちろん先行予約して入手しました!

りんかい線の大崎延伸時に製造された後期車がプロトタイプで、当初から10連で登場したうちの1本である70-070Fの車番が印刷済。独自の前面や爽やかな帯色、ステンレスの質感の違いの再現に加え、波打車輪の再現も見事です! 少々残念なのは209系と部品を共用しているせいか、実車と異なる部分が一部ある点…(例えば側扉の取っ手は70-000形では2つあるのだが、製品では209系仕様で1つしか無い。ちなみに側扉窓の押さえ方式は後期車なのでこれで正しい)。

 

製品データ・手を加えた点など

・マイクロエース製

・後期車(当初から10連で登場した編成)、窓改造後

・運番:91T、前面表示:りんかい線(側面は未貼付)

 

 

実車写真

大崎にて(2008年9月撮影)

 

☆コンテンツ☆

トップページ

管理人室

Nゲージ所有車両紹介

NKTH

東横線

・JR東日本

・JR東海

・JRその他

・国鉄

相鉄・小田急

その他私鉄・第三セクター

・電車以外の車両

掲示板(調整中)

過去のトップ画像(一時閉鎖中)

リンク集