東京メトロ10000系10132F

副都心線の開業に先立ち、有楽町線と共通運用できる車両として登場した、東京メトロ発足初の新形式車である10000系。丸みを帯びた前面デザインが特徴的で、車内も近未来的です。2次車(10105F)以降は前面のゴールド帯が省略、その後も細かな仕様変更を加えながら増備され現在10連36本が活躍しています。


10000系が東横線で先行営業運用を開始して以降乗る機会が増え、その影響もあってか欲しくなったのと、某店の中古品で比較的状態が良い10連フル編成が安く売られていたので購入。車番は10132Fが印刷済です。

前面表示は途中からPCで自作したステッカもどきを貼り付けて東横特急にしていましたが、2015年に10135Fとして再生産されたのと同時に発売された行先表示セットのステッカに収録のものに変更(種別・行先は同じだが運番は77Sから67Sに)。また優先席ステッカとベビーカーマークも貼り付けました。

地下鉄の車両ですが、高架線を高速走行する姿がよく似合います。実車も東横線との相直開始後は東横特急の主力となり、高架線を高速走行する姿が当たり前のように見られます。

 

製品データ・手を加えた点など

・KATO製

・5次車(前面ゴールド帯無し、10連固定)

・運番:67S、種別:特急、行先:元町・中華街←全て前面のみ、側面は号車表示

↑PCで自作したステッカもどきを貼付w→行先表示セットのステッカに収録のものに変更

 


前面表示変更前(製品状態)


実車写真

横浜にて(2013年6月撮影)

 

☆コンテンツ☆

トップページ

管理人室

Nゲージ所有車両紹介

NKTH

東横線

・JR東日本

・JR東海

・JRその他

・国鉄

相鉄・小田急

その他私鉄・第三セクター

・電車以外の車両

掲示板(調整中)

過去のトップ画像(一時閉鎖中)

リンク集