東急5050系4000番台4110F「Shibuya Hikarie号」(現行仕様)

4110F「Shibuya Hikarie号」は2013年の登場以来、前面にHMが付いていましたが2016年頃にHMが取り外され、その状態でしばらく運用されていました。
その後2017年の検査出場時に再びHMが取り付けられましたが、登場時よりも低い位置に取り付けられ少し印象が変化しています。

 

先にGMが製品化した4110Fですが、KATOからも5050系の製品化後しばらくして特別企画品として製品化が決定。すでにGMの製品があるため2本になってしまいますがKATOの5050系は出来が良いのと今回は現行仕様とすべく即購入決定となり先行予約→入手しました!
製品状態では2015年頃の姿がプロトタイプで専用の前面ガラスパーツにHMがはめ込んである仕様ですが、別途発売された行先表示セット2を使いHM無しの前面ガラスパーツと交換、種別をFライナー(F特急)として2016年仕様で一度仕上げました。
その後HM再取付後にその仕様を再現すべく、HMパーツを小加工し両面テープでHM無しの前面ガラスパーツに取り付けています。やはり4110FはHMがあった方が引き締まった感じで良いです!

 

製品データ・手を加えた点など
・KATO製(特別企画品)
・前面および側面表示(運番は前面のみ):53K F特急 元町・中華街←別売の行先表示セット2を使用
・側面ドア戸当たり部分色差し

 

2016年仕様(HM無し)

実車写真(2016年以降)

横浜にて(2016年6月撮影)←HM無しの姿

 

横浜にて(2017年5月撮影)

 

横浜にて(2017年7月撮影)

 

☆コンテンツ☆

トップページ

管理人室

Nゲージ所有車両紹介

NKTH

東横線

JR東日本

JR東海

・JRその他

・国鉄

相鉄・小田急

その他私鉄・第三セクター

・電車以外の車両

鉄コレ N化ガイド(準備中)

掲示板(調整中)

過去のトップ画像(一時閉鎖中)

リンク集