東急5050系4000番台4110F「Shibuya Hikarie号」(登場時)

東横線と副都心線が相互直通運転を開始して約1ヶ月後の2013年4月、渋谷ヒカリエ開業1周年を記念して登場した特別仕様の5050系4000番台、それが4110F「Shibuya Hikarie号」です。

側面には渋谷ヒカリエをはじめとした渋谷のビル(ランドマーク?)がデザインされたラッピングが施され、車体色や車内に至るまで特別仕様。また先頭部の構造や車体幅も他の5050系とは異なっています。現在41014109Fと共通運用され、東横線の優等列車を中心に直通各線でもその姿が見られます。

 

東横線の車両を集めている管理人にとって、実車の登場と共に模型でも欲しくなるのは当然の事(?)。某メーカのインレタ(かなり高い…)を使って作る事も考えましたが、しばらくしてGMからまさかの製品化発表! もちろん速攻で先行予約しましたw(

4110Fの特徴である車体のラッピングデザインの印刷もお見事! 色も実車通りで、金型共用の先頭部(5050系仕様になってる…)以外を除いてほとんど文句無しの出来! しかしそのままだと前面(乗務員室部分)が黄色くなってしまいカッコ悪いため、黒で色差しおよび付属のデコレートシールを貼り付けています。但しそのまま貼ると運転台(コンソール部分)が奥まってしまうため、その部分のみ別途切り出し、前面窓に両面テープで貼り付けています。

この他前面のHMはプラ板を使用すると立体的になりますが、付属のステッカがもともと厚いため、その厚みを活かして裏から両面テープで補強したぐらいでほぼそのまま貼り付けています。

 

製品データ・手を加えた点など
・GM(グリーンマックス)製
・運番:53K、種別:特急、行先:元町・中華街(側面表示はステッカを切り継ぎ)
・各車両間連結部KATOカプラー密連型(黒)化
・前面(乗務員室部分)デコレートシール貼付

 





実車写真(登場時~2016年のHM取り外しまで)

横浜にて(2013年5月撮影)

 

渋谷にて(2013年5月撮影)

 

横浜にて(2013年7月撮影)

 

横浜にて(2014年1月撮影)

 

横浜にて(2014年3月撮影)

↑この日は東上線内で人身事故があり直通運転が中止となっており、朝の52Kの通特(渋谷から通急)が池袋行として運転されていました(本来この列車は川越市行で、直通中止時は和光市行となる事が多い)

 

横浜にて(2014年7月撮影)

 

※現行仕様(+HM無の2016年仕様)はこちら

一つ前のページへ戻る

☆コンテンツ☆

トップページ

管理人室

Nゲージ所有車両紹介

NKTH

東横線

・JR東日本

・JR東海

・JRその他

・国鉄

相鉄・小田急

その他私鉄・第三セクター

・電車以外の車両

掲示板(調整中)

過去のトップ画像(一時閉鎖中)

リンク集